こんにちは、ベルです。

 

※ネットビジネスを始めて2カ月目、初心者のころの話です。

先日、初めて北海道旅行しました。

 

しかもバイクでまるッと一周するという
なかなかハードルの高い北海道旅行をしてきました。

手前のハザードランプが黄色く光っているのが愛車「SR400」
35周年の記念モデルなのでレトロな色合いです。

 

ひたすら貝殻が敷かれた道に入り込み迷子になったり…(笑)

 

北海道ー白い貝殻の道

バイクに乗ったら、こんな風景です。

 

北海道へは先輩経営者といきなり行くことになり、
価値観、思考、お金の使い方・・・
など学べることが多い貴重な旅でした。

まじで、起業家の行動は早すぎます。

 

すぐにフェリーの予約をして
決断も早ければ、行動も早い。

こういうところが
僕にはまだまだ未熟だなって痛感しましたね。

 

もっと上を目指すためにも
すぐに決断して、行動する力を身につけたいと感じました。

 

で、もちろん観光のほうも
思いっきり楽しみました。

 

キレイな景色はもちろんのこと
北の海でプリプリに太った美味しい海の幸は、
食の宝庫かよってレベルで舌鼓を打ちました。

 

他にも生乳ソフトクリーム
自家製の作りたて新鮮チーズ
ラム肉、じびえ料理など
とてもおいしかったです。

 

他にも、すすきので経営者と集まって
懇親会を開いたりするなど
ちゃっかり仕事もしてました。

 

最北端のガソリンスタンドでみたビジネス

日本の最北端の「宗谷岬」。

 

記念碑があって
写真を撮るスポットになってます。

近くのおっちゃんに頼んで、
先輩起業家とツーショットです。

 

写真を撮ってもらったおっちゃんと話してみたところ
地元が一緒なことが判明して話に花が咲きました。

 

おっちゃんと仲良くなり、
行きつけのオススメ旅館を紹介してもらえました。

次の日の泊まる場所が決まります。

 

やっぱり旅は情け、人は心ですね。
縁に感謝です。

 

で、記念碑の回りには、
ご飯を食べれるところがあって、
おいしそうなメニューばかり。

 

食べたメニュー

お口が天国に

 

ちょうどバイクのガソリンが無くなりそうだったので、
スタンドに寄ったところ・・・

 

記念の貝殻をもらえました。
(写真撮り忘れたので引用)

 

思いがけないサービスにあっけにとられ
むしろ気持ちよかったです。

また行きたいなー。
あのスタンド。

 

この体験は、きっと生涯憶えてるだろうし、
土産話になりました。

 

 

日本三大夜景とおっちゃん行きつけの旅館

日本三大夜景をみに、
東部「知床」から、西部「函館山」に行きます。

 

知床はクマで有名らしい。
ちょうど僕らがいったときは1頭しか見れなかった。

 

で、知床を後にして出発!

横断!!

 

世界遺産がある「知床」から出発なので
北海道を横断しました。

 

道中に、コンビニなんてあるはずもなく、
永遠と道が続きます。

 

バイク乗りにはちょっと大変です。

 

たまたま道中で、
作り立てのチーズが売ってたので購入。

店員さんが若い僕らをみて
「バイク旅大変でしょ~。」と、
嬉しいことにチーズを多くもらえました。

 

またもや旅は情け、人は心。
じんわりと心の奥が暖かくなりす。

 

函館山の絶景をみながら、
ワインと一緒につまむ準備はバッチリです。

 

 

 

で、さらにバイクを走らせていると
時期が悪かったのか、
いきなり雹が降って、生身の僕らを襲いました。

 

自動車が路肩にとまるほどの強い雹なので
「ぎぃゃゃぁあああ!」
2人そろって絶叫w

 

雹が当たって、とにかく痛いんですが、
バイクは止まったところで痛いし、
結局進むしかありません。

 

トイレの手洗い場の乾燥機で
びしょぬれの体を乾かしつつ
旅のハプニングを乗り越えて
夕方頃にようやく「函館山」に着きました。

 

最北端で出会ったおっちゃんに紹介してもらった
旅館に泊まったのですが、まじでいい場所です。

室内はこんな感じのオープンな場所で、伸び伸びできました。

 

立派なのに、置いている場所が適当だった…(笑)

 


息をのむ絶景…。
道中で買ったチーズがまた美味しい。

 

函館山からの景色。
一段と絶景…。

 

雹の痛みを我慢してまで
バイクで走った甲斐がありました。

 

旅館には夜景を一望できるデッキがあって、
先輩起業家と将来の夢について話すなど
エネルギーが高いことばっか話してました。

 

 

こういった雰囲気いい場所にいくと
どうしても密度の高い話になります。

場所によって話のグレードは変わりますよね。

 

1食3万のところでの会話と
大衆居酒屋での会話では
内容が変わるのは当然です。

 

という感じで、
日本三大夜景を前にして
腹をわって将来の話をしていました。

 

経営者と話すと
「成功したい」って気持ちが強くなるので
とても刺激になります。

にしても、
「青春してんなー」って感じですねw

 

ビジネスを始めてまだ間もない頃ですが、
ちょっとだけ収入が入っていたおかげで、
精神的にはとても自由ですからね。

 

当時は、旅行中にアマゾンギフト券
500円が自動で入ってきて喜んでますw

まるで図書カードのような金額だったということもあり
500円は書籍代になりました。

 

先輩起業家は1日に20万稼いでいて、
まじで悔しかったですね。

 

 

というか僕たちにとって自然なことだけど、
冷静に考えると旅行してるのに、
自動でお金稼げる状態はヤバいですよね。

 

いまは「へ~、こんな世界があるんだぁ」くらいで
受け止めてくれれば大丈夫です。

 

異世界のことだからこそ経験するべし

行き帰りとフェリーに乗って移動しました。

フェリーは初めてだったのですが、
いい体験でした。

まるでタイタニックのような豪華な船内。

 


船内では弦楽器の演奏も堪能しました。

 

船の外に出ると、たまたま天気がよくて、気持ちも晴れやかに。

 

 

初めてフェリーに乗ったので
船酔いや、事故るとイヤだなって
むだに心配してました。

 

知らない事だからこそ、
疑わず、自分の目で確かめることが大事です。

 

ゴージャスな世界を知ったし、
なにより貴重な経験になりました。

知らない世界にエイって
つっ込むことで自分の世界は広がります。

 

 

どんなことにも言えますが、
とりあえず1度挑戦してみて、
失敗なり成功なりを体験した方がいいです。

 

長い人生で考えたら
挑戦しないことが損じゃないかって思います。

 

まだ若いんだし、
失敗したところで死なないですしね。

もっといろんな経験を積みたいなー。

 

これからも上目指して恐れずに、進んでいきたいです。

 

もちろん、旅行ばかりに気をとれられず、
きちんと資産も作っていきますけどね。

 

P.S.

当時は、あまりお金がない状態だったけど、
お金がないからこそ、あえてゴージャスな旅をしてきました。

 

だって1つ上のレベルを知らなければ、
稼ぐ方法も分からないし、
モチベーションも湧きません。

 

だからあまり貯金はしなかったですね。

 

コンテンツを作っていれば自動で稼げるし、
とりあえず挑戦しようって感じです。。

 

 

今度は世界一周して
もっと自分の世界を広げていきたいなぁ。

好きなタイミングで世界一周できるんですけど、
どうせなら仕事のついでに行きたいなって思います。

 

「日本発。世界が求める人財へ」という理念で、プレミアメルマガを限定公開中

僕は21歳のころに作った
英語メディアで月170万円稼いで
国立大学を中退しました。

 

「月収が170万円なんて怪しい」って当然思いますよね。

怪しいでしょうが、メディアを使えば
1日で100万円を稼ぐことさえ
特別なことではないんです。

 

というのも
もともと貧乏な環境で、すぐに挫折する…

こんなクソミソな性格だったからこそ
石橋をたたくように基礎を大事にして、
短い期間だけ努力したのです。

 

やったことと言えば、
基本的なスキルを理解して
シチュエーションごとに正しく使っただけです。

 

すると英語メディアを利用した人からは感謝されるし、
安心して生活するだけのお金も手にして
あっさり人生が豊かになりました。

 

この経験から分かった事は、
生まれは変えられないけど
土台のスキルを固めれば誰だって
世界が求める人財になれると確信しました。

 

だから基本をふり返って
一人一人の生産性をあげることで
もっと充実した世界になる、と強く信じています。

 

こういった経緯から
「メディアを0から作って資産にする方法」
これをテーマにしてメルマガを限定公開しています。

読みやすいようにストーリ形式で
本音だけを書いてます。
もし興味があればサクッと読んでみて下さい。

ベルのプレミアムメルマガを読んでみる

メールアドレスを入力すれば、
お持ちのスマホやパソコンからすぐに読めます。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「この記事は役に立つ!」と思ったら
下のSNSボタンでシェアしていただけるとすごく喜びます!