こんにちは、ベルです。

 

先日、暇だったので六本木に
ビジネスのアイデアを探しに行ってきました。

 

というのも、
六本木に行ったらお金の匂いがプンプンするぜ…
っていうのじゃなくて、

「streetlight cadence」という
バンドの生ライブが開かれるとのことです。

 

「どんなバンドなんだろー?」って
始まるまで、名前も顔もまったく分かりません。

 

結論から言うと、
めちゃくちゃ刺激を受けます。

 

アイデアもでるし、
テンションも上がるし最高の1日になりました。

 

ライブを待っていたら、
しばらくして4人の若者が舞台の上に現れました。

どうやら4人組の男性バンドのようです。

 

六本木でどんなロックな演奏をするのか??
ってワクワクしていたら、
予想に反してめっちゃ優しい曲を演奏しました。

こんな曲

 

 

ライブのときは日本語であいさつしていて、
好感度がグッと上がります。

 

そして足でタンバリン叩いてるカッコイイお兄さんが
ずっとボーカルの顔を見ながら演奏しており、
「仲いいんだろうな」って考えたら
なんだかホッコリしました。

 

streetlight cadenceの曲が終わるころには
熱狂的なファンになっていました。

その理由は以下に書いていこうと思います。

 

streetlight cadenceに共感しまくった

初めて彼らを見た感想は

「わっかぁい(若い)!」

です。

 

見た目から推測すると、20歳代中半くらい。

こんなに若いのに、地元のハワイを飛び出て、
しかも日本の中心地で演奏できるなんて
「すげーな」って素直に思いました。

 

だって、一般的な音楽家って
好きなことを仕事にしてるんだろうけど、
そこまで儲かってるイメージがないからです。

 

そんな中で「よし、世界いくか」って
方向性を決めたことはマジで尊敬します。

 

いまでこそ、streetlight cadenceは
年間最優秀賞を何個も取っているようで、
実力派のアーティストの一員になってますが
昔は、苦労が絶えなかっただろうなーと勝手に想像しちゃいます。

 

曲を聴きながら
そういった背景を考えたら
めちゃくちゃ共感してしまって
ついウルっと涙がこぼれてました。

 

それほど、熱意のこもった曲だったし、
ブワッて感情があふれ出る演奏でした。

きっと彼らの覚悟が固まっていたからこそ
そんな音色を奏でられたのでしょう。

 

隠れた才能はいっぱいある

streetlight cadenceには才能が有るんですが、
自分たちの力で世界進出できるほどの人脈はないでしょう。

 

だから、力のある人が
才能を発掘してくれたんだと思います。

 

似たことを僕もやっていて。

僕の場合は「教育者」として英語を教え、
世界に進出する人材を育てています。

 

これからもインターネットで英語を教えて
世界のステージでも活躍できるスキルを身につけてほしいと思っています。

 

英語以外にも、
隠れた才能をもっと発掘していきたいですね。

 

日本に埋もれている才能って
けっこう多いんですよ。

 

みんな才能は有るけど、
環境・人脈・タイミングが悪かっただけで
伸びる原石はゴロゴロあります。

気づていないだけ、ってのは良くある話です。

 

たとえば、
石を積み上げて写真家活動してる人もいるし、
あやとりを教える活動をしている若者、
美味しくパンを焼く方法を教える人、

 

こういった事でも収益化できるし、
れっきとした才能なんですよね。

僕はどれも出来ないですからねw

 

こういったスキルが日本に広まれば、
もっと日本が楽しくなるし、
素晴らしい人が溢れます。

 

それこそ僕が目指す世界だし、
出来ないスキルを身につけることって純粋に楽しいです。

 

 

あと、日本の義務教育がある限り、
才能が潰れるなって思いました。

基本的に義務教育は、
忠実な労働者を量産するための場所です。

 

これは誘導してる、って話じゃなくて、
僕は大学院まで進学したから分かりますが、
労働者と経営者の考え方はまるで違うんですよね。

 

 

まぁ、現在の義務教育が
いいか悪いかは置いておいて、
才能が消えてしまう環境は
もったいないなって思わずにいられません。

 

・・・ってかなり話が逸れましたが、
streetlight cadenceが発掘され、世界進出したように
スキルを身につけた人たちと一緒に
日本を盛り上げていきたいなって思います。

 

ネットビジネスでスキルが広まる

いまだにネットビジネスに怪しい雰囲気がありますが、
一部の人が悪さしてるだけで、
手段としては、超クリーンな方法です。

 

人にはできないスキルを
インターネットで発信して、
より良い方向に進めているだけなんですよね。

 

だから言ってしまえば、
streetlight cadenceが
Youtubeで発信しているのも、
ネットでビジネスしてることになります。

 

全然怪しくないですよね。

 

むしろ僕は演奏を聞いて
1日で熱狂的なファンになったほどです。

 

そのためネットを上手く使える人が増えて
素晴らしいコンテンツを世の中に発信できる人が増えてほしいなと思ってます。

 

するとstreetlight cadenceのような
素晴らしいコンテンツに触れられる機会が増えて
もっと楽しい世界になりますよね。

 

いやー、どんだけstreetlight cadenceのファンになってんだよっていうw

年齢が近い人が頑張ってるというのもあると思うんですが、
またライブ演奏を聴きたいので
アメリカ旅行したら絶対会いたいなって、心の底から思いました。

 

 

P.S.お昼下がりの六本木は伸び伸びしていて気持ちよさそう

streetlight cadenceの生ライブの他に、
六本木の住民たちは伸び伸びしてました。

 

経営者が多いイメージがあったので
ちょっと意外です。

 

広い芝生に20人くらいが集まって、
ヨガをしているマダムたちや、
フラガールの披露宴など。

 

他にもピクニックのようにビニールシート広げて
羽を伸ばすファミリー達。

 

こういった何気ない時間が幸せなんだよなーって
改めて思いました。

 

 

P.P.S.

「この道に進む!」って決めたら
1ヶ月も本気で勉強すれば
だいぶ変わります。

 

それこそ、ネットビジネスなら
1ヶ月本気でリサーチして勉強すれば
自由になれるだけのお金は手にできます。

 

僕のように才能がない若者でも
まったく問題ありませんでした。

勉強さえすれば問題ないのです。

 

そしてビジネスを自動化しちゃえば
途中から好きなことができる精神的余裕と、時間が生まれます。

普通の経営者と違って
ここが何よりも大きいですね。

 

ネットビジネスをするリスクって
固定費もほぼ0だし、無いに等しいんですよね。

 

だからネットビジネスを極めたら
永久に食いっぱぐれません。

 

興味ある人は、
僕のプレミアムメルマガにぜひ登録してみて下さい。

僕のすべてを公開してます。

 

スキルはいつからでも身につけることが出来るし、
1ヶ月真剣に勉強すれば、その道のプロになることもできますよ。

 

「日本発。世界が求める人財へ」という理念で、プレミアメルマガを限定公開中

僕は21歳のころに作った
英語メディアで月170万円稼いで
国立大学を中退しました。

 

「月収が170万円なんて怪しい」って当然思いますよね。

怪しいでしょうが、メディアを使えば
1日で100万円を稼ぐことさえ
特別なことではないんです。

 

というのも
もともと貧乏な環境で、すぐに挫折する…

こんなクソミソな性格だったからこそ
石橋をたたくように基礎を大事にして、
短い期間だけ努力したのです。

 

やったことと言えば、
基本的なスキルを理解して
シチュエーションごとに正しく使っただけです。

 

すると英語メディアを利用した人からは感謝されるし、
安心して生活するだけのお金も手にして
あっさり人生が豊かになりました。

 

この経験から分かった事は、
生まれは変えられないけど
土台のスキルを固めれば誰だって
世界が求める人財になれると確信しました。

 

だから基本をふり返って
一人一人の生産性をあげることで
もっと充実した世界になる、と強く信じています。

 

こういった経緯から
「メディアを0から作って資産にする方法」
これをテーマにしてメルマガを限定公開しています。

読みやすいようにストーリ形式で
本音だけを書いてます。
もし興味があればサクッと読んでみて下さい。

ベルのプレミアムメルマガを読んでみる

メールアドレスを入力すれば、
お持ちのスマホやパソコンからすぐに読めます。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「この記事は役に立つ!」と思ったら
下のSNSボタンでシェアしていただけるとすごく喜びます!